資産運用を行って資金を貯めよう〜転ばぬ先の投資〜

その他の資金運用方法

資料を使って説明

個人向け国債は国が資金調達を行うために発行する証券のことで、所有者には利息が支払われます。定められた償還日になると額面金額のお金が戻ってくる仕組みの資金運用方法であるため安全性がとても高く、少しの資金でも資金運用を始めることができます。また償還期間は三年と五年、十年の3つから設定することができます。元本割れなどのリスクがなく安定した利益をえることができますが、銀行預金と変わらないほど利益が小さく換金するのに最短で1年かかるなどの短所もあるので注意しましょう。安全性が高いので初心者の方も安心して行える資金運用と言えます。個人向け国債の利息の受け取りは半年毎で、金利は固定三年と固定五年の場合だと0.05%程で変動10年の場合だと0.26%程だと言われています。

外貨MFFとは証券会社が取り扱っている外貨建ての投資信託のことです。信用性の高い外国の国債や社債を中心に運用されているため元本の安全性は高いと言えます。ですが外貨建ての資産運用商品になるため、為替レートによっては元本割れを起こすリスクもあるので気をつけましょう。外貨預金よりも高い金利が得られ手数料も外貨預金と比べると半分程の値段になるので、外貨預金よりも高い利益を得ることができます。比較的安全性の高い資金運用方法なので初心者にも、資金運用を行なうことに慣れた人にもよく利用されていると言われています。それぞれの扱う外貨によって金利がそれぞれ違ってくるので、資産運用をする際には利用する外貨の金利や換金にかかる手数料などをしっかり確認してから行なうようにしましょう。